Home | Symfony2Doc

ソース



クイックリンク


コメントリスト

Powered by Disqus

ご質問や翻訳不備等お気軽にコメントください。


ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

Web フレームワークをつくろう - Symfony2 コンポーネントの上に (パート 7)

Note

この記事は Symfony2 コンポーネントでフレームワークをつくる方法を説明した連載記事の一部です: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12

今のところ我々のフレームワークの1つの欠点は新しい Web サイトをつくるたびに front.php でコードをコピー&ペーストする必要があることです。40行のコードは多くありませんが、このコードを適切なクラスに包むことができれば都合がよいです。It would bring us better reusability and easier testing to name just a few benefits.

コードをよく見てみると、 front.php には1つの入力である Request と1つの出力である Response があります。我々のフレームワークは次のシンプルな原則にしたがいます: ロジックは Request に関連する Response をつくることに専念します。

Symfony2 コンポーネントは PHP 5.3 を必須とするので、我々のフレームワークのために独自の名前空間をつくりましょう: Simplex

リクエストハンドリングのロジックを Simplex\\Framework クラスに移動させます。:

<?php

// example.com/src/Simplex/Framework.php

namespace Simplex;

use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;
use Symfony\Component\Routing\Matcher\UrlMatcher;
use Symfony\Component\Routing\Exception\ResourceNotFoundException;
use Symfony\Component\HttpKernel\Controller\ControllerResolver;

class Framework
{
    protected $matcher;
    protected $resolver;

    public function __construct(UrlMatcher $matcher, ControllerResolver $resolver)
    {
        $this->matcher = $matcher;
        $this->resolver = $resolver;
    }

    public function handle(Request $request)
    {
        $this->matcher->getContext()->fromRequest($request);

        try {
            $request->attributes->add($this->matcher->match($request->getPathInfo()));

            $controller = $this->resolver->getController($request);
            $arguments = $this->resolver->getArguments($request, $controller);

            return call_user_func_array($controller, $arguments);
        } catch (ResourceNotFoundException $e) {
            return new Response('Not Found', 404);
        } catch (\Exception $e) {
            return new Response('An error occurred', 500);
        }
    }
}

そしてそれに応じて example.com/web/front.php をアップデートします。:

<?php

// example.com/web/front.php

// ...

$request = Request::createFromGlobals();
$routes = include __DIR__.'/../src/app.php';

$context = new Routing\RequestContext();
$matcher = new Routing\Matcher\UrlMatcher($routes, $context);
$resolver = new HttpKernel\Controller\ControllerResolver();

$framework = new Simplex\Framework($matcher, $resolver);
$response = $framework->handle($request);

$response->send();

リファクタリングを仕上げるために、 example.com/src/app.php からルートの定義以外のすべてをまた別の名前空間: Calendar に移動させましょう。

SimplexCalendar 名前空間のもとで定義されたクラスがオートロードされるようにするため、 composer.json ファイルをアップデートします。

{
    "require": {
        "symfony/class-loader": "2.1.*",
        "symfony/http-foundation": "2.1.*",
        "symfony/routing": "2.1.*",
        "symfony/http-kernel": "2.1.*"
    },
    "autoload": {
        "psr-0": { "Simplex": "src/", "Calendar": "src/" }
    }
}

Note

オートローダをアップデートするため、 php composer.phar update を実行します。

コントローラを Calendar\\Controller\\LeapYearController に移動させます。:

<?php

// example.com/src/Calendar/Controller/LeapYearController.php

namespace Calendar\Controller;

use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;
use Calendar\Model\LeapYear;

class LeapYearController
{
    public function indexAction(Request $request, $year)
    {
        $leapyear = new LeapYear();
        if ($leapyear->isLeapYear($year)) {
            return new Response('Yep, this is a leap year!');
        }

        return new Response('Nope, this is not a leap year.');
    }
}

そして is_leap_year() 関数を独自のクラスに移動させます。:

<?php

// example.com/src/Calendar/Model/LeapYear.php

namespace Calendar\Model;

class LeapYear
{
    public function isLeapYear($year = null)
    {
        if (null === $year) {
            $year = date('Y');
        }

        return 0 == $year % 400 || (0 == $year % 4 && 0 != $year % 100);
    }
}

それにしたがって example.com/src/app.php ファイルをアップデートすることをお忘れなく。:

$routes->add('leap_year', new Routing\Route('/is_leap_year/{year}', array(
    'year' => null,
    '_controller' => 'Calendar\\Controller\\LeapYearController::indexAction',
)));

まとめると、新しいファイルのレイアウトは次のようになります。

example.com
├── composer.json
│   src
│   ├── app.php
│   └── Simplex
│       └── Framework.php
│   └── Calendar
│       └── Controller
│       │   └── LeapYearController.php
│       └── Model
│           └── LeapYear.php
├── vendor
└── web
    └── front.php

これでおしまいです!我々のフレームワークには4つの異なるレイヤーが用意され、それぞれに明確なゴールがあります。

  • web/front.php: フロントコントローラ; クライアントにインターフェイスを公開する 唯一の PHP コード (Request を取得し Response を返す) で フレームワークとアプリケーションを初期化するボイラーテンプレートコードを提供します;
  • src/Simplex: やってくる Request の処理を抽象化する再利用可能なフレームワーク (ところで、これはコントローラ/テンプレートをかんたんにテストできるようにします – あとでくわしく説明します);
  • src/Calendar: アプリケーション固有のコード (コントローラとモデル);
  • src/app.php: アプリケーションのコンフィギュレーション/フレームワークのカスタマイズ内容。
blog comments powered by Disqus