Home | Symfony2Doc

ソース



クイックリンク


コメントリスト

Powered by Disqus

ご質問や翻訳不備等お気軽にコメントください。


ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

Web フレームワークをつくろう - Symfony2 コンポーネントの上に (パート 4)

Note

この記事は Symfony2 コンポーネントでフレームワークをつくる方法を説明した連載記事の一部です: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12

今日のトピックを始める前に、テンプレートをもっと読みやすくするために、現在の我々のフレームワークを少しリファクタリングしましょう。:

<?php

// example.com/web/front.php

require_once __DIR__.'/../src/autoload.php';

use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;

$request = Request::createFromGlobals();

$map = array(
    '/hello' => 'hello',
    '/bye'   => 'bye',
);

$path = $request->getPathInfo();
if (isset($map[$path])) {
    ob_start();
    extract($request->query->all(), EXTR_SKIP);
    include sprintf(__DIR__.'/../src/pages/%s.php', $map[$path]);
    $response = new Response(ob_get_clean());
} else {
    $response = new Response('Not Found', 404);
}

$response->send();

リクエストクエリパラメータを抽出したので、hello.php テンプレートを次のように簡略化します。:

<!-- example.com/src/pages/hello.php -->

Hello <?php echo htmlspecialchars($name, ENT_QUOTES, 'UTF-8') ?>

これで、新しい機能を追加するのによい状態にあります。

Web サイトのとても重要な側面は URL の形式です。URL マップのおかげで、関連するレスポンスを生成するコードから URL を分離しましたが、まだじゅうぶんに柔軟ではありません。たとえば、クエリ文字列に依存する代わりにデータを URL に直接埋め込むコトができるようにするために動的なパスをサポートしたいとします。:

# 変更前 /hello?name=Fabien

# 変更後 /hello/Fabien

このフィーチャをサポートするために、Symfony2 の Routing コンポーネントを使います。 いつものように、これを composer.json に追加しインストールするために php composer.phar update を実行します。

{
    "require": {
        "symfony/class-loader": "2.1.*",
        "symfony/http-foundation": "2.1.*",
        "symfony/routing": "2.1.*"
    }
}

これから、我々独自の autoload.php の代わりに生成された Composer のオートローダーを使います。 autoload.php ファイルを取り除き、 front.php への参照を置き換えます。:

<?php

// example.com/web/front.php

require_once __DIR__.'/../vendor/.composer/autoload.php';

// ...

URL マップに対して配列の代わりに、Routing コンポーネントは RouteCollection インスタンスに依存します。:

use Symfony\Component\Routing\RouteCollection;

$routes = new RouteCollection();

/hello/SOMETHING URL を記述するルートを追加し、シンプルな /bye の URL に対する別のルートも追加しましょう。:

use Symfony\Component\Routing\Route;

$routes->add('hello', new Route('/hello/{name}', array('name' => 'World')));
$routes->add('bye', new Route('/bye'));

コレクションのそれぞれのエントリは名前 (hello) と Route のインスタンスによって定義されます。これはルートのパターン (/hello/{name}) とルートの属性に対するデフォルト値の配列 (array('name' => 'World')) によって定義されます。

Note

URL 生成、属性のルーティング要件、HTTP メソッドの強化、YAML もしくは XML ファイルのローダー、PHP へのダンパーもしくは 性能の向上のための Apache の書き換えルールなどのたくさんのフィーチャをもっと学びたいのであれば 公式の ドキュメント をご覧ください。

RouteCollection インスタンスに保存された情報にもとづいて、 UrlMatcher インスタンスは URL パスのマッチングを行います。:

use Symfony\Component\Routing\RequestContext;
use Symfony\Component\Routing\Matcher\UrlMatcher;

$context = new RequestContext();
$context->fromRequest($request);
$matcher = new UrlMatcher($routes, $context);

$attributes = $matcher->match($request->getPathInfo());

match() メソッドはリクエストのパスを引数にとり属性の配列を返します (マッチ済みのルートは特別な _route 属性のもとに自動的に保存されることにご注意ください):

print_r($matcher->match('/bye'));
array (
  '_route' => 'bye',
);

print_r($matcher->match('/hello/Fabien'));
array (
  'name' => 'Fabien',
  '_route' => 'hello',
);

print_r($matcher->match('/hello'));
array (
  'name' => 'World',
  '_route' => 'hello',
);

Note

我々の例でリクエストのコンテクストを厳密に必要としないとしても、メソッドの要件を強化するために実際の世界のアプリケーションで使われています。

マッチするルートがないときに URL マッチャは例外を投げます。:

$matcher->match('/not-found');

// throws a Symfony\Component\Routing\Exception\ResourceNotFoundException

このことを念頭において、フレームワークの新しいバージョンを書きましょう。:

<?php

// example.com/web/front.php

require_once __DIR__.'/../vendor/.composer/autoload.php';

use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;
use Symfony\Component\Routing;

$request = Request::createFromGlobals();
$routes = include __DIR__.'/../src/app.php';

$context = new Routing\RequestContext();
$context->fromRequest($request);
$matcher = new Routing\Matcher\UrlMatcher($routes, $context);

try {
    extract($matcher->match($request->getPathInfo()), EXTR_SKIP);
    ob_start();
    include sprintf(__DIR__.'/../src/pages/%s.php', $_route);

    $response = new Response(ob_get_clean());
} catch (Routing\Exception\ResourceNotFoundException $e) {
    $response = new Response('Not Found', 404);
} catch (Exception $e) {
    $response = new Response('An error occurred', 500);
}

$response->send();

コードの中に少し新しい内容が含まれています。:

  • ルートの名前はテンプレートの名前に使われます;

  • 500 エラーは正しく管理されます;

  • リクエストの属性はテンプレートをシンプルに保つために抽出されました:

    <!-- example.com/src/pages/hello.php -->
    
    Hello <?php echo htmlspecialchars($name, ENT_QUOTES, 'UTF-8') ?>
    
  • ルートのコンフィギュレーションは独自のファイルに移動しました:

    <?php
    
    // example.com/src/app.php
    
    use Symfony\Component\Routing;
    
    $routes = new Routing\RouteCollection();
    $routes->add('hello', new Routing\Route('/hello/{name}', array('name' => 'World')));
    $routes->add('bye', new Routing\Route('/bye'));
    
    return $routes;
    

    これでコンフィギュレーション (app.php の中のアプリケーションに固有なすべての内容) とフレームワーク (front.php の中の我々のアプリケーションに動力を提供する一般的なコード) のあいだが明確に分離されました。

30行以下のコードによって、以前よりも強力で柔軟な新しいフレームワークが手に入りました。エンジョイしましょう!

Routing コンポーネントを使うことで1つの追加された大きな恩恵があります: Route の定義にもとづいて URL を生成する機能です。URL マッチ と URL の生成を使うことで、URL パターンを変更してもほかのところに影響がありません。ジェネレータの使い方を知りたいですか?きわめてかんたんです。:

use Symfony\Component\Routing;

$generator = new Routing\Generator\UrlGenerator($routes, $context);

echo $generator->generate('hello', array('name' => 'Fabien'));
// /hello/Fabien を出力します

コードがやっていることは自明です; そしてコンテクストのおかげで、絶対 URL を生成できます。:

echo $generator->generate('hello', array('name' => 'Fabien'), true);
// http://example.com/somewhere/hello/Fabien のようなものを出力します

Tip

パフォーマンスが心配ですか?ルートの定義にもとづき、 デフォルトの UrlMatcher を置き換える高度に最適化された URL マッチャクラスを作ります。:

$dumper = new Routing\Matcher\Dumper\PhpMatcherDumper($routes);

echo $dumper->dump();

さらにパフォーマンスを改善したいですか?ルートを Apache の書き換えルールのセットとして吐き出させます。:

$dumper = new Routing\Matcher\Dumper\ApacheMatcherDumper($routes);

echo $dumper->dump();
blog comments powered by Disqus