Home | Symfony2Doc »クックブック »Assetic »YUI Compressor を使って Javascript や Stylesheet のサイズを圧縮するには?

ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

YUI Compressor を使って Javascript や Stylesheet のサイズを圧縮するには?

Yahoo! が提供する YUI Compressor というとびきり優れたツールを使う事で Javascript や StyleSheet のサイズを圧縮することが可能となります。 彼らはこれで素早く Asset データを転送しているのです。 Symfony2 に付属しているAsseticを使うことでこのツールを簡単に扱うことが出来ます。

YUI Compressor の JAR ファイルのダウンロード

YUI Compressor は JAR ファイルとして配布されています。 Yahoo のサイトからから Download the JAR して app/Resources/java/yuicompressor.jar に配置しましょう。

YUI Filter の設定

それでは Javascript のサイズを小さくするためのフィルタと、 Stylesheet のサイズを 小さくするための二つの Assetic フィルタを設定しましょう。

  • YAML
    # app/config/config.yml
    assetic:
        # java: "/usr/bin/java"
        filters:
            yui_css:
                jar: "%kernel.root_dir%/Resources/java/yuicompressor.jar"
            yui_js:
                jar: "%kernel.root_dir%/Resources/java/yuicompressor.jar"
    
  • XML
    <!-- app/config/config.xml -->
    <assetic:config>
        <assetic:filter
            name="yui_css"
            jar="%kernel.root_dir%/Resources/java/yuicompressor.jar" />
        <assetic:filter
            name="yui_js"
            jar="%kernel.root_dir%/Resources/java/yuicompressor.jar" />
    </assetic:config>
    
  • PHP
    // app/config/config.php
    $container->loadFromExtension('assetic', array(
        // 'java' => '/usr/bin/java',
        'filters' => array(
            'yui_css' => array(
                'jar' => '%kernel.root_dir%/Resources/java/yuicompressor.jar',
            ),
            'yui_js' => array(
                'jar' => '%kernel.root_dir%/Resources/java/yuicompressor.jar',
            ),
        ),
    ));
    

Note

Windows ユーザは適切な java のパスに修正する必要があります。 Windows7 x64 bit では、デフォルトのパスは C:\Program Files (x86)\Java\jre6\bin\java.exe になります。

これで新しく追加した二つの Assetic フィルタに yui_cssyui_js という名称で アプリケーションでフィルタを適用できるようになりました。 これら二つの設定はそれぞれ YUI Compressor で Javascript と Stylesheet のデータサイズを圧縮する際に使われます。

実際に Aseets ファイルのデータを圧縮する

YUI Compressor の設定は終わりました。しかし、これらのフィルタを適用しない限り実際には何の処理も行われません。 あなたの Assets ファイルがViewレイヤにあるならば下記のサンプルのようににテンプレートファイルに記述することでフィルタが適用されます。

  • Twig
    {% javascripts '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/*' filter='yui_js' %}
    <script src="{{ asset_url }}"></script>
    {% endjavascripts %}
    
  • PHP
    <?php foreach ($view['assetic']->javascripts(
        array('@AcmeFooBundle/Resources/public/js/*'),
        array('yui_js')) as $url): ?>
    <script src="<?php echo $view->escape($url) ?>"></script>
    <?php endforeach; ?>
    

Note

上述の例はあなたが既に AcmeFooBundle という Bundle を設定しており、 Javascript ファイルが Resources/public/js に保存されていると仮定しています。 しかし、これは特別重要な事ではありません。 Javascirpt ファイルはどこからでも参照することが出来るからです。

asset タグに追記された yui_js というフィルタをつけることで、サイズを削減した Javascript が転送されるようになり、 これで Asset ファイルの転送時間が短くなります。これは stylesheet に関しても同様です。

  • Twig
    {% stylesheets '@AcmeFooBundle/Resources/public/css/*' filter='yui_css' %}
    <link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" href="{{ asset_url }}" />
    {% endstylesheets %}
    
  • PHP
    <?php foreach ($view['assetic']->stylesheets(
        array('@AcmeFooBundle/Resources/public/css/*'),
        array('yui_css')) as $url): ?>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" href="<?php echo $view->escape($url) ?>" />
    <?php endforeach; ?>
    

デバッグ時にサイズ圧縮機能を無効にする

サイズ圧縮された Javascript や Stylesheet は非常に読みづらく、言うまでもなくデバッグ時には無効にしたいと思います。 Assetic はデバッグモード時にフィルタを無効にできる機能も備えています。デバッグ時にフィルタを無効 にするにはテンプレートに記述するフィルタ名の前に ? をつけます。これは Assetic にデバッグモードが 無効な時にだけフィルタを適用するように指示します。

  • Twig
    {% javascripts '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/*' filter='?yui_js' %}
    <script src="{{ asset_url }}"></script>
    {% endjavascripts %}
    
  • PHP
    <?php foreach ($view['assetic']->javascripts(
        array('@AcmeFooBundle/Resources/public/js/*'),
        array('?yui_js')) as $url): ?>
    <script src="<?php echo $view->escape($url) ?>"></script>
    <?php endforeach; ?>
    

Tip

asset タグにフィルターを追加する代わりに、フィルターコンフィギュレーション に apply-to 属性を追加して、グローバルに有効化することができます。例えば、

yui_js フィルターに apply_to: "\.js$" のようにするなどです。

本番のみにフィルターを適用するには、共通のコンフィグファイルではなく、 config_prod ファイルに追加します。ファイルの拡張子によるフィルターの適用の 詳細は、 ファイル拡張子に基づいてフィルターする を参照してください。

blog comments powered by Disqus