Home | Symfony2Doc »クックブック »Assetic »特定の拡張子に Assetic フィルターを適用するには?

ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

特定の拡張子に Assetic フィルターを適用するには?

Assetic フィルターは、個々のファイル、ファイルを集めたグループ、そして、この記事で説明するように特定の拡張子を持つファイル群、に対して適用することができます。例として Assetic の CoffeScript フィルターを使って JavaScript にコンパイルするケースを見ていきましょう。

メインの コンフィギュレーション に cofee と node へのパスを指定します。デフォルトでは、それぞれ /usr/bin/coffee/usr/bin/node になります。

  • YAML
    # app/config/config.yml
    assetic:
        filters:
            coffee:
                bin: /usr/bin/coffee
                node: /usr/bin/node
    
  • XML
    <!-- app/config/config.xml -->
    <assetic:config>
        <assetic:filter
            name="coffee"
            bin="/usr/bin/coffee"
            node="/usr/bin/node" />
    </assetic:config>
    
  • PHP
    // app/config/config.php
    $container->loadFromExtension('assetic', array(
        'filters' => array(
            'coffee' => array(
                'bin' => '/usr/bin/coffee',
                'node' => '/usr/bin/node',
            ),
        ),
    ));
    

1つのファイルをフィルターする

上記の指定で、テンプレート上で 1つの CoffeeScript ファイルを JavaScript に出力することができるようになりました。

  • Twig
    {% javascripts '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/example.coffee' filter='coffee' %}
    <script src="{{ asset_url }}" type="text/javascript"></script>
    {% endjavascripts %}
    
  • PHP
    <?php foreach ($view['assetic']->javascripts(
        array('@AcmeFooBundle/Resources/public/js/example.coffee'),
        array('coffee')) as $url): ?>
    <script src="<?php echo $view->escape($url) ?>" type="text/javascript"></script>
    <?php endforeach; ?>
    

CoffeeScript ファイルをコンパイルして JavaScript に変更するのに必要なことは、これだけです。

複数のファイルをフィルターする

複数の CoffeeScript ファイルをコンパイルして、1つのファイルとしてまとめて出力することもできます。

  • Twig
    {% javascripts '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/example.coffee'
                   '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/another.coffee'
        filter='coffee' %}
    <script src="{{ asset_url }}" type="text/javascript"></script>
    {% endjavascripts %}
    
  • PHP
    <?php foreach ($view['assetic']->javascripts(
        array('@AcmeFooBundle/Resources/public/js/example.coffee',
              '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/another.coffee'),
        array('coffee')) as $url): ?>
    <script src="<?php echo $view->escape($url) ?>" type="text/javascript"></script>
    <?php endforeach; ?>
    

これで2つのファイルをコンパイルして 1つの JavaScript ファイルとして出力することができました。

ファイル拡張子に基づいてフィルターする

Assetic を使用する大きなアドバンテージは、たくさんのアセットファイルを固めることで HTTP リクエストを減らすことです。 全て のJavaScript ファイルや CoffeeScript ファイルを一緒に結合させて、最終的に1つの JavaScript ファイルとして出力できたら、 HTTP リクエストを減らすことができます。しかし、その JavaScript ファイルを上記の結合するファイルのリストに加えるだけでは、 CoffeeScript のコンパイルとバッティングしてしまいます。

この問題を避けるには、コンフィギュレーションの apply_to オプションを使用して、特定の拡張子に常に適用されるフィルターを指定してください。下記の設定では、全ての .coffee 拡張子を持つファイルを Coffee フィルターに適用させています。

  • YAML
    # app/config/config.yml
    assetic:
        filters:
            coffee:
                bin: /usr/bin/coffee
                node: /usr/bin/node
                apply_to: "\.coffee$"
    
  • XML
    <!-- app/config/config.xml -->
    <assetic:config>
        <assetic:filter
            name="coffee"
            bin="/usr/bin/coffee"
            node="/usr/bin/node"
            apply_to="\.coffee$" />
    </assetic:config>
    
  • PHP
    // app/config/config.php
    $container->loadFromExtension('assetic', array(
        'filters' => array(
            'coffee' => array(
                'bin' => '/usr/bin/coffee',
                'node' => '/usr/bin/node',
                'apply_to' => '\.coffee$',
            ),
        ),
    ));
    

これでテンプレート内で coffree フィルターを指定する必要がなくなりました。また、 .coffee 拡張子のファイルのみが CoffeeScript フィルターを通過するので、同じように JavaScript ファイルもリストに加えて、1つの JavaScript ファイルとして結合することができるようになりました。

  • Twig
    {% javascripts '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/example.coffee'
                   '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/another.coffee'
                   '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/regular.js' %}
    <script src="{{ asset_url }}" type="text/javascript"></script>
    {% endjavascripts %}
    
  • PHP
    <?php foreach ($view['assetic']->javascripts(
        array('@AcmeFooBundle/Resources/public/js/example.coffee',
              '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/another.coffee',
              '@AcmeFooBundle/Resources/public/js/regular.js'),
        as $url): ?>
    <script src="<?php echo $view->escape($url) ?>" type="text/javascript"></script>
    <?php endforeach; ?>
    
blog comments powered by Disqus