Home | Symfony2Doc »クックブック »テスト »ファンクショナルテストでプロファイラを使用する方法

ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

ファンクショナルテストでプロファイラを使用する方法

ファンクショナルテストはレスポンスのみをテストすることを強くお勧めします。しかし、本番サーバをモニターするファンクショナルテストを書いているのであれば、データをプロファイリングしてテストを書くこともできます。そうすれば、測定を実施できますしいろんなことを調べることができるなど多くを享受できます。

Symfony2 のプロファイラ Profiler は、毎回のリクエストに関するたくさんのデータを集めます。このデータを使ってデータベース呼び出しの回数を調べたり、フレームワーク内でかかる時間を調べることができます。しかし、アサーションを書く前に、常にプロファイラが本当に使用可能か調べてください。( test 環境のデフォルトでは有効になっています)

class HelloControllerTest extends WebTestCase
{
    public function testIndex()
    {
        $client = static::createClient();
        $crawler = $client->request('GET', '/hello/Fabien');

        // Write some assertions about the Response
        // ...

        // Check that the profiler is enabled
        if ($profile = $client->getProfile()) {
            // check the number of requests
            $this->assertTrue($profile->getCollector('db')->getQueryCount() < 10);

            // check the time spent in the framework
            $this->assertTrue( $profile->getCollector('timer')->getTime() < 0.5);
        }
    }
}

例えばデータベースのクエリが多すぎたりするなど、データのプロファイリングが理由で、テストが失敗する際は、テスト後にウェブプロファイラを使用しリクエストを分析したいと思われるでしょう。これはエラーメッセージにトークンを埋め込むことで簡単に実現することができます。

$this->assertTrue(
    $profile->get('db')->getQueryCount() < 30,
    sprintf('Checks that query count is less than 30 (token %s)', $profile->getToken())
);

Caution

プロファイラを格納する場所は、環境によって異なることがあります。(特にデフォルトで使用している SQLite を使用している際には異なります)

Note

クライアントを分離しても、テストに HTTP レイヤーを使用しても、プロファイラの情報は、利用可能です。

Tip

このインタフェースの詳細を学ぶには、ビルトインされたドキュメント data collectors のAPIを参照してください。

blog comments powered by Disqus