Home | Symfony2Doc

コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

カスタマイズ編(5) フォームクラスの作成

Note

この記事は、Symfony 2.5.6 で動作確認しています。

フォームクラス

Default コントローラの newAction()editAction() のフォーム作成部を見てみると、 フォームがコントローラ内で直接生成されていることがわかります。 しかしながら、より良い実装方法はフォーム生成部分を独立したPHPクラスに分離することです。 フォーム生成部を分離することで、アプリケーション内で再利用することができます。

フォーム生成部分を独立したPHPクラスに分離するには、Symfony\Component\Form\AbstractType を継承したクラスを作成し、 buildForm() メソッドと getName() メソッドを実装します。 例えば商品名と商品価格を表すフォームクラスを作ると以下のようになります。

<?php
// src/Acme/StoreBundle/Form/ProductType.php
namespace Acme\StoreBundle\Form;

use Symfony\Component\Form\AbstractType;
use Symfony\Component\Form\FormBuilder;

class ProductType extends AbstractType
{
    public function buildForm(FormBuilder $builder, array $options)
    {
        $builder
            ->add('name')
            ->add('price', 'money', array('currency' => 'USD'))
        ;
    }

    public function getName()
    {
        return 'product';
    }
}

追加した個々のフォーム要素は、それぞれ FormType クラスの要素(フォームタイプ)として扱われます。 フォームタイプには、TextTypeFileTypeMoneyType などの多くの種類があります。 Formコンポーネントでは、フォームの要素がどんなフォームタイプに近しいかを推測する FormTypeGuesser クラスが存在します。 FormTypeGuesser は、DoctrineやValidatorのマッピング情報から動的にフォームタイプを判別しています。

分離したフォームをコントローラで使うには、コントローラの便利関数である createForm() メソッドを使います。

// src/Acme/StoreBundle/Controller/DefaultController.php

// add this new use statement at the top of the class
use Acme\StoreBundle\Form\ProductType;

public function indexAction()
{
    $product = // ...
    $form = $this->createForm(new ProductType(), $product);

    // ...
}

createForm() メソッドは、以下のように書き直すこともできます。

$form = $this->createForm(new ProductType());
$form->setData($product);

setData() メソッドを使う場合、フォームタイプの推測を活用するために、 フォームクラス側に以下のメソッドを追加することが望ましいです。

public function setDefaultOptions(OptionsResolverInterface $resolver)
{
    $resolver->setDefaults(array(
      'data_class' => 'My\BlogBUndle\Entity\Post',
    ));
}

修正する

blogアプリケーションのフォームもクラスを分離して再利用してみましょう。 まずは、Post エンティティに対応する PostType フォームクラスを作成します。

// src/My/BlogBundle/Form/PostType.php
namespace My\BlogBundle\Form;

use Symfony\Component\Form\AbstractType;
use Symfony\Component\Form\FormBuilder;
use Symfony\Component\OptionsResolver\OptionsResolverInterface;

class PostType extends AbstractType
{
    public function buildForm(FormBuilderInterface $builder, array $options)
    {
        $builder
            ->add('title')
            ->add('body')
        ;
    }

    public function setDefaultOptions(OptionsResolverInterface $resolver) {
        $resolver->setDefaults(array(
                'data_class' => 'My\BlogBUndle\Entity\Post',
        ));
    }

    public function getName()
    {
        return 'post';
    }
}

次に、Default コントローラの addAction()editAction() で直接フォーム生成している部分をフォームクラス経由に変更します。

use My\BlogBundle\Form\PostType;

class DefaultController extends Controller
{
    // ...

    public function newAction()
    {
        // フォームのビルド
//        $form = $this->createFormBuilder(new Post())
//            ->add('title')
//            ->add('body')
//            ->getForm();
        $form = $this->createForm(new PostType(), new Post());

        // ...
    }
    // ...
    public function editAction($id)
    {
        // ...

        // フォームのビルド
//        $form = $this->createFormBuilder($post)
//            ->add('title')
//            ->add('body')
//            ->getForm();
        $form = $this->createForm(new PostType(), $post);

        // ...
    }
    // ...
}

コントローラのソースコードが少しすっきりしました。

ブラウザで確認する

ブラウザで前と同じ動作をしているか、確認しましょう。

blog comments powered by Disqus