Home | Symfony2Doc

ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

blogチュートリアル(10) 記事の編集

Note

この記事は、Symfony 2.5.6 で動作確認しています。

最後に既存の記事を編集できるようにしてみましょう。 ここまで学習された方は、どのような手順で編集機能を実装するか、想像がついていることでしょう。

記事を編集するページのルーティングの作成

Symfonyでページを追加する際の作業パターンは

  1. ルーティングを追加
  2. アクションを追加
  3. テンプレートを追加

です。記事を編集するページが増えますので、対応するルーティングを追加する必要があります。 src/My/BlogBundle/Resources/config/routing.ymlblog_edit ルート(route)を追加してください。

# src/My/BlogBundle/Resources/config/routing.yml
blog_edit:
    pattern:  /{id}/edit
    defaults: { _controller: MyBlogBundle:Default:edit }

編集アクションの作成

続いて、Default コントローラに edit アクションを追加します。

// src/My/BlogBundle/Controller/DefaultController.php
class DefaultController extends Controller
{
    // ...
    public function editAction($id)
    {
        // DBから取得
        $em = $this->getDoctrine()->getManager();
        $post = $em->find('MyBlogBundle:Post', $id);
        if (!$post) {
            throw new NotFoundHttpException('The post does not exist.');
        }

        // フォームのビルド
        $form = $this->createFormBuilder($post)
            ->add('title')
            ->add('body')
            ->getForm();

        // バリデーション
        $request = $this->getRequest();
        if ('POST' === $request->getMethod()) {
            $form->submit($request);
            if ($form->isValid()) {
                // 更新されたエンティティをデータベースに保存
                $post = $form->getData();
                $post->setUpdatedAt(new \DateTime());
                $em->flush();
                return $this->redirect($this->generateUrl('blog_index'));
            }
        }

        // 描画
        return $this->render('MyBlogBundle:Default:edit.html.twig', array(
            'post' => $post,
            'form' => $form->createView(),
        ));
    }
}

前までのステップで作成した newActiondeleteAction の内容を合わせたようなアクションになっています。 最初に $id の記事をデータベースから取得し、そのオブジェクトを元にフォームをビルドし、 バリデーションを行い、バリデーションに成功した場合はデータベースに反映しています。

Note

すでに永続化されているエンティティを EntityManager 経由で取得した場合、オブジェクトのプロパティを変更して EntityManagerflush() を実行するだけでデータベースに反映されることに注意してください。persist() は不要です。

編集用のテンプレートの作成

編集用のフォームを表示するためのテンプレートファイルを作成します。 記事の追加のためのフォームと大きく異なる点は、action 属性のURIだけでしょう。

{# src/My/BlogBundle/Resources/views/Default/edit.html.twig #}
<h1>Edit Post</h1>
<form action="{{ path('blog_edit', {'id':post.id}) }}" method="post" {{ form_enctype(form) }} novalidate>
    {{ form_widget(form) }}
    <input type="submit" value="Save Post" />
</form>

また、記事の編集をするためのリンクを、記事一覧に追加します。

{# src/My/BlogBundle/Resources/views/Default/index.html.twig #}
<h1>Blog posts</h1>
<table>
    <tr>
        <td>Id</td>
        <td>Title</td>
        <td>CreatedAt</td>
        <td>Operation</td>
    </tr>
    {# ここから、posts配列をループして、投稿記事の情報を表示 #}
    {% for post in posts %}
    <tr>
        <td>{{ post.id }}</td>
        <td><a href="{{ path('blog_show', {'id':post.id}) }}">{{ post.title }}</a></td>
        <td>{{ post.createdAt|date('Y/m/d H:i') }}</td>
        <td><a href="{{ path('blog_edit', {'id':post.id}) }}">Edit</a> <a href="{{ path('blog_delete', {'id':post.id}) }}">Delete</a></td>
    </tr>
    {% else %}
    <tr>
        <td colspan="4">No posts found</td>
    </tr>
    {% endfor %}
</table>

<div>
<a href="{{ path('blog_new') }}">add post</a>
</div>

ブラウザで確認

コードの入力が完了したら、ブラウザで http://localhost/Symfony/web/app_dev.php/blog/ にアクセスしてみてください。 各行にEditというリンクが表示されているので、押すと編集ページに遷移します。 内容を変更して「Save Post」をすれば、記事が保存されて一覧ページにリダイレクトされます。

blog comments powered by Disqus