Home | Symfony2Doc

コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

blogチュートリアル(9) 記事の削除

Note

この記事は、Symfony 2.5.6 で動作確認しています。

次は、ユーザーが既存の記事を削除できるようにしてみましょう。

記事を削除するURIのルーティングの作成

記事を削除するURI (※ここではページではない) が増えますので、対応するルーティングを追加する必要があります。 src/My/BlogBundle/Resources/config/routing.ymlblog_delete ルート(route)を追加してください。

# src/My/BlogBundle/Resources/config/routing.yml
blog_delete:
    pattern:  /{id}/delete
    defaults: { _controller: MyBlogBundle:Default:delete }

削除アクションの作成

続いて、Default コントローラに delete アクションを追加します。

// src/My/BlogBundle/Controller/DefaultController.php
use Symfony\Component\HttpKernel\Exception\NotFoundHttpException;

class DefaultController extends Controller
{
    // ...
    public function deleteAction($id)
    {
        $em = $this->getDoctrine()->getManager();
        $post = $em->find('MyBlogBundle:Post', $id);
        if (!$post) {
            throw new NotFoundHttpException('The post does not exist.');
        }
        $em->remove($post);
        $em->flush();
        return $this->redirect($this->generateUrl('blog_index'));
    }
}

このコードでは、与えられた {id} を元に、該当記事のレコードに対応するエンティティを取得しています。 エンティティが見つからなかった場合は、NotFoundHttpException 例外をスローして処理を中断します。 エンティティが見つかった場合は、EntityManagerremove() メソッドで削除指示を出して、flush() します。 削除後は記事一覧にリダイレクトします。

また、記事の削除をするためのリンクを、記事一覧に追加します。

{# src/My/BlogBundle/Resources/views/Default/index.html.twig #}
<h1>Blog posts</h1>
<table>
    <tr>
        <td>Id</td>
        <td>Title</td>
        <td>CreatedAt</td>
        <td>Operation</td>
    </tr>
    {# ここから、posts配列をループして、投稿記事の情報を表示 #}
    {% for post in posts %}
    <tr>
        <td>{{ post.id }}</td>
        <td><a href="{{ path('blog_show', {'id':post.id}) }}">{{ post.title }}</a></td>
        <td>{{ post.createdAt|date('Y/m/d H:i') }}</td>
        <td><a href="{{ path('blog_delete', {'id':post.id}) }}">Delete</a></td>
    </tr>
    {% else %}
    <tr>
        <td colspan="4">No posts found</td>
    </tr>
    {% endfor %}
</table>

<div>
<a href="{{ path('blog_new') }}">add post</a>
</div>

ブラウザで確認

コードの入力が完了したら、ブラウザで http://localhost/Symfony/web/app_dev.php/blog/ にアクセスしてみてください。 各行にDeleteというリンクが出ているので、押すと記事が消えるでしょう。

blog comments powered by Disqus