Home | Symfony2Doc

コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

blogチュートリアル(7) 記事の追加

Note

この記事は、Symfony 2.5.6 で動作確認しています。

これまでのステップでデータベースに登録されている記事を表示できるようになりました。 次はいよいよ、フォームを作成してデータを追加・編集できるよにしてみましょう。

記事を追加するページのルーティングの作成

記事を追加するページが増えますので、対応するルーティングを追加する必要があります。 src/My/BlogBundle/Resources/config/routing.ymlblog_new ルート(route)を追加してください。

# src/My/BlogBundle/Resources/config/routing.yml
blog_index:
    pattern:  /
    defaults: { _controller: MyBlogBundle:Default:index }

blog_new:
    pattern:  /new
    defaults: { _controller: MyBlogBundle:Default:new }

blog_show:
    pattern:  /{id}/show
    defaults: { _controller: MyBlogBundle:Default:show }

Note

{id} の条件として数値のみを受け付けるように制限することも可能です。この方法はカスタマイズ編のルーティングのページにて説明しています。

Postモデル用のフォームの作成

続いて、Default コントローラに記事追加用の new アクションを追加します。use 行を追加していることに注意してください。

// src/My/BlogBundle/Controller/DefaultController.php
use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use My\BlogBundle\Entity\Post;
// ...

class DefaultController extends Controller
{
    // ...

    public function newAction(Request $request)
    {
        $form = $this->createFormBuilder(new Post())
            ->add('title')
            ->add('body')
            ->getForm();

        if ('POST' == $request->getMethod()) {
            $form->submit($request);
            if ($form->isValid()) {
                // エンティティを永続化
                $post = $form->getData();
                $post->setCreatedAt(new \DateTime());
                $post->setUpdatedAt(new \DateTime());

                $em = $this->getDoctrine()->getManager();
                $em->persist($post);
                $em->flush();
                return $this->redirect($this->generateUrl('blog_index'));
            }
        }

        // 描画
        return $this->render('MyBlogBundle:Default:new.html.twig', array(
                'form' => $form->createView(),
        ));

    }
}

Symfony2では、FormBuilder を用いてコントローラのアクション内で簡単にフォームオブジェクトを作成することができます。 フォームオブジェクトを作成することで、バリデーションやDoctrineとの連携、フォームウィジェットのHTMLレンダリングなどを行うことができます。 このアクションでは、titlebody の2つのフィールドを定義して、フォームを作成しています。

Note

このステップではフォームをコントローラ内で動的に生成しましたが、別のクラスに分離することもできます。 クラス化することで、アプリケーション内の別のアクションで再利用しやすくなります。

new アクションでは、GET メソッドでアクセスした場合と、POST メソッドでアクセスした場合の両方を扱っています。 最初にブラウザで「/blog/new」というURLにアクセスした場合は GET メソッドになりますが、 フォームに内容を入力して送信ボタンを押した場合は POST メソッドになります。 POST メソッドでアクションが実行された場合は、送信されたデータをフォームオブジェクトにバインドしています。 こうすることで、フォームオブジェクトに送信されたデータが統合されます。

Note

CakePHPのチュートリアルでは、フォームの初回表示と投稿時でのアクション内の分岐を $this->data の有無で判断しています。 symfony 1.x系やSymfony2では、REST(ful)の概念に基づき、このような判定をHTTPメソッドで行います。

フォームにデータをバインドすると、isValid() メソッドを実行してデータのバリデーション(検証)を実行できるようになります。 今のところ、バリデーションルールを追加していないので、あまり意味はありません。 バリデーションを通過した Post オブジェクトをフォームオブジェクトから取り出すには、getData() メソッドを使います。

フォームから取り出したオブジェクトをデータベースに登録するには、persist() メソッドで EntityManager に対して永続化指示を行った後、EntityManagerflush() メソッドを呼び出します。

Note

Post オブジェクトを persist() するときに、createdAtupdatedAt の値を手動で代入しています。 Doctrine2の Timestampable 拡張機能をインストールすると、この代入を自動で行うようにもできます。 この方法はカスタマイズ編の投稿日時・更新日時の自動挿入のページで説明しています。

最後の数行は GET メソッドでアクセスされたときと、POST メソッドだがバリデーションに失敗した時に実行されます。 今まで見てきたアクションと同様に、入力フォーム用のテンプレートをレンダリングしています。 ここでは、フォームオブジェクトを描画可能な FormView オブジェクトに変換するために createView() メソッドを呼び出し、その結果をテンプレートにパラメータとして引き渡しています。

フォームを表示するテンプレートの作成

最後に、表示用のテンプレートを作成します。

{# src/My/BlogBundle/Resources/views/Default/new.html.twig #}
<h1>Add Post</h1>
<form action="{{ path('blog_new') }}" method="post" {{ form_enctype(form) }} novalidate>
    {{ form_widget(form) }}
    <input type="submit" value="Save Post" />
</form>

フォームタグのaction属性には、path() Twig関数でURIを生成しています。 form_enctype() Twig関数は、ファイルアップロードフォームなどの時に enctype="multipart/form-data" を自動的に付加する関数です。 form_widget() Twig関数は、HTMLウィジェットを描画する関数です。 フォームコレクション全体を与えることもできますし、個別のフォームフィールドを与えることもできます。

Note

FORM タグに novalidate 属性をつけていることに注意してください。 Symfony2 の Form コンポーネントを使うと、標準で HTML5 のクライアントサイドフォームバリデーション が有効になります。 これはとても便利ですが、このチュートリアルではサーバーサイドのバリデーション等の実装の確認も行うため、novalidate 属性によりクライアントサイドバリデーションを無効化しています。

Note

Twigで使用可能なフォーム関数を詳しく知りたい方は、Twig Template Form Function Referenceを参照してください。

また、記事の追加がしやすいように、ブログ一覧ページの末尾に追加ページへのリンクを追加しておきます。

{# src/My/BlogBundle/Resources/views/Default/index.html.twig #}
{# ... #}
<div>
<a href="{{ path('blog_new') }}">add post</a>
</div>

ブラウザで確認

コードの入力が完了したら、ブラウザで http://localhost/Symfony/web/app_dev.php/blog/new にアクセスしてみてください。 新規追加用のフォームが表示されたら、何かデータを入力して「Save Post」ボタンをクリックし、 データが正しく追加されるかどうか確認して下さい。

blog comments powered by Disqus