Home | Symfony2Doc

ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

blogチュートリアル(4) テーブルスキーマとエンティティクラス

Note

この記事は、Symfony 2.5.6 で動作確認しています。

Postモデルの作成

お気づきかと思いますが、まだスキーマ(データベース上のテーブル)を作成していません。 このチュートリアルでは、まずエンティティクラスを定義し、エンティティクラスのマッピング情報から自動的にスキーマを作成する手順で行いたいと思います。

Doctrineでは、pure phpのクラスでエンティティを定義します。 generate:doctrine:entity コマンドでエンティティクラスを自動生成します。 次のコマンドを実行してください。コマンドの実行中に4〜5個の質問項目がありますが、すべての項目で何も入力せずにエンターを入力してください。

$ php app/console generate:doctrine:entity --entity=MyBlogBundle:Post --format=annotation --fields="title:string(255) body:text createdAt:datetime updatedAt:datetime"

次のようなコマンドの実行メッセージになります:

  Welcome to the Doctrine2 entity generator



This command helps you generate Doctrine2 entities.

First, you need to give the entity name you want to generate.
You must use the shortcut notation like AcmeBlogBundle:Post.

The Entity shortcut name [MyBlogBundle:Post]:

Determine the format to use for the mapping information.

Configuration format (yml, xml, php, or annotation) [annotation]:

Instead of starting with a blank entity, you can add some fields now.
Note that the primary key will be added automatically (named id).

Available types: array, object, boolean, integer, smallint,
bigint, string, text, datetime, datetimetz, date, time, decimal, float.

New field name (press <return> to stop adding fields):

Do you want to generate an empty repository class [no]?


  Summary before generation


You are going to generate a "MyBlogBundle:Post" Doctrine2 entity
using the "annotation" format.

Do you confirm generation [yes]?


  Entity generation


Generating the entity code: OK


  You can now start using the generated code!

generate:doctrine:entity コマンドによって、src/My/BlogBundle/Entity/ ディレクトリが作成され、その中に次のような Post.php が生成されます:

<?php

namespace My\BlogBundle\Entity;

use Doctrine\ORM\Mapping as ORM;

/**
 * My\BlogBundle\Entity\Post
 *
 * @ORM\Table()
 * @ORM\Entity
 */
class Post
{
    /**
     * @var integer
     *
     * @ORM\Column(name="id", type="integer")
     * @ORM\Id
     * @ORM\GeneratedValue(strategy="AUTO")
     */
    private $id;

    /**
     * @var string
     *
     * @ORM\Column(name="title", type="string", length=255)
     */
    private $title;

    /**
     * @var string
     *
     * @ORM\Column(name="body", type="text")
     */
    private $body;

    /**
     * @var \DateTime
     *
     * @ORM\Column(name="createdAt", type="datetime")
     */
    private $createdAt;

    /**
     * @var \DateTime $updatedAt
     *
     * @ORM\Column(name="updatedAt", type="datetime")
     */
    private $updatedAt;


    /**
     * Get id
     *
     * @return integer
     */
    public function getId()
    {
        return $this->id;
    }

    /**
     * Set title
     *
     * @param string $title
     */
    public function setTitle($title)
    {
        $this->title = $title;
    }

    /**
     * Get title
     *
     * @return string
     */
    public function getTitle()
    {
        return $this->title;
    }

    /**
     * Set body
     *
     * @param string $body
     */
    public function setBody($body)
    {
        $this->body = $body;
    }

    /**
     * Get body
     *
     * @return string
     */
    public function getBody()
    {
        return $this->body;
    }

    /**
     * Set createdAt
     *
     * @param \DateTime $createdAt
     */
    public function setCreatedAt($createdAt)
    {
        $this->createdAt = $createdAt;
    }

    /**
     * Get createdAt
     *
     * @return \DateTime
     */
    public function getCreatedAt()
    {
        return $this->createdAt;
    }

    /**
     * Set updatedAt
     *
     * @param \DateTime $updatedAt
     */
    public function setUpdatedAt($updatedAt)
    {
        $this->updatedAt = $updatedAt;
    }

    /**
     * Get updatedAt
     *
     * @return \DateTime
     */
    public function getUpdatedAt()
    {
        return $this->updatedAt;
    }
}

Note

DoctrineはPHPオブジェクトのための透過的永続性を提供しているので、どんなPHPクラスでモデルを定義しても動作します。

Note

symfony 1.x 系で使われていた Doctrine 1 では ActiveRecord デザインパターンを元に作られていました。 モデルクラスがテーブルを表し、ここのインスタンスがテーブルの1つの行を表すような構成でした。 Doctrine 2 ではドメイン駆動設計をアーキテクチャの中心に据えており、ActiveRecordではなくData Mapperパターンでモデルを扱うことになります。 これらのデザインパターンについての詳細は、マーチン・ファウラーの『エンタープライズ アプリケーションアーキテクチャパターン』を参照してください。

Note

このチュートリアルでは、Doctrine ORMに限定してモデルを作成しています。 ODMを考慮した、より抽象的な定義方法を学びたい場合は、 FriendsOfSymfony がgithubで提供している UserBundleCommentBundle などのソースコードが参考になります。

生成されたPostクラスを見てください。コマンドで指定したカラムとその getter/setter メソッドが作成されています。

スキーマの作成

さきほど作成したエンティティクラスをよく見ると、アノテーション(コメントを使った特殊な構文)でフィールドの情報が記述されていました。 この情報を元に、実際にデータベースにスキーマを作成します。 初回のスキーマの作成はdoctrine:schema:createコマンドで行います。

$ php app/console doctrine:schema:create

コンソールには、以下のような出力がなされて、スキーマが作成されたと書かれているでしょう。

ATTENTION: This operation should not be executed in an production enviroment.

Creating database schema...
Database schema created successfully!

phpMyAdmin などのデータベース管理ツールで blogsymfony2 データベースを確認してみると、 Post テーブルが作られていて、その中にid、title、body、createdAt、updatedAtの5つのカラムが 作成されていることがわかります。

blog comments powered by Disqus