Home | Symfony2Doc »リファレンスドキュメント »バリデータリファレンス »NotIdenticalTo

このページのコンテンツ

前のドキュメント

IdenticalTo

次のドキュメント

LessThan

ソース



クイックリンク


コメントリスト

Powered by Disqus

ご質問や翻訳不備等お気軽にコメントください。


コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

NotIdenticalTo

Note

  • 対象バージョン:2.3
  • 翻訳更新日:2013/6/9

New in version 2.3: この制約はバージョン 2.3 以降で利用可能です。

検証対象の値が、オプションで指定した値と厳密に一致しないことを検証します。厳密に一致することを検証するには IdenticalTo 制約を使います。

Caution

この制約では、値の比較に内部的に !== 演算子が使われます。したがって 3"3" は等しくないとみなされます。!= 演算子で比較したい場合は NotEqualTo 制約を使ってください。

適用先 プロパティまたはメソッド
オプション
クラス NotIdenticalTo
バリデーター NotIdenticalToValidator

基本的な使い方

Person クラスの age の値が 15 と等しくなく、数値ではないことを保証する場合、次のようにします。

  • YAML
    # src/SocialBundle/Resources/config/validation.yml
    Acme\SocialBundle\Entity\Person:
        properties:
            age:
                - NotIdenticalTo:
                    value: 15
    
  • Annotations
    // src/Acme/SocialBundle/Entity/Person.php
    namespace Acme\SocialBundle\Entity;
    
    use Symfony\Component\Validator\Constraints as Assert;
    
    class Person
    {
        /**
         * @Assert\NotIdenticalTo(
         *     value = 15
         * )
         */
        protected $age;
    }
    
  • XML
    <!-- src/Acme/SocialBundle/Resources/config/validation.xml -->
    <class name="Acme\SocialBundle\Entity\Person">
        <property name="age">
            <constraint name="NotIdenticalTo">
                <option name="value">15</option>
            </constraint>
        </property>
    </class>
    
  • PHP
    // src/Acme/SocialBundle/Entity/Person.php
    namespace Acme\SocialBundle\Entity;
    
    use Symfony\Component\Validator\Mapping\ClassMetadata;
    use Symfony\Component\Validator\Constraints as Assert;
    
    class Person
    {
        public static function loadValidatorMetadata(ClassMetadata $metadata)
        {
            $metadata->addPropertyConstraint('age', new Assert\NotIdenticalTo(array(
                'value' => 15,
            )));
        }
    }
    

オプション

value

型e: mixed

このオプションは必須です。比較対象の値を指定します。文字列、数値、またはオブジェクトで指定できます。

message

: string デフォルト: This value should not be identical to {{ compared_value_type }} {{ compared_value }}

検証対象の値が指定した値と一致する場合に、このメッセージが表示されます。

blog comments powered by Disqus