Home | Symfony2Doc »リファレンスドキュメント »バリデータリファレンス »Locale

このページのコンテンツ

前のドキュメント

Language

次のドキュメント

Country

ソース



クイックリンク


コメントリスト

Powered by Disqus

ご質問や翻訳不備等お気軽にコメントください。


コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

Locale

Note

  • 対象バージョン:2.3
  • 翻訳更新日:2013/6/9

値が有効なロケール文字列であることを検証します。

ロケールの値とは、2 文字の ISO639-1 言語コード (fr) か、言語コードにアンダースコア (_) をつなげ、その後に ISO3166 コードをつなげたものです (French/France であれば fr_FR)。

適用先 プロパティまたはメソッド
オプション
クラス Locale
バリデーター LocaleValidator

基本的な使い方

  • YAML
    # src/UserBundle/Resources/config/validation.yml
    Acme\UserBundle\Entity\User:
        properties:
            locale:
                - Locale:
    
  • Annotations
    // src/Acme/UserBundle/Entity/User.php
    namespace Acme\UserBundle\Entity;
    
    use Symfony\Component\Validator\Constraints as Assert;
    
    class User
    {
        /**
         * @Assert\Locale
         */
         protected $locale;
    }
    
  • XML
    <!-- src/Acme/UserBundle/Resources/config/validation.xml -->
    <class name="Acme\UserBundle\Entity\User">
        <property name="locale">
            <constraint name="Locale" />
        </property>
    </class>
    
  • PHP
    // src/Acme/UserBundle/Entity/User.php
    namespace Acme\UserBundle\Entity;
    
    use Symfony\Component\Validator\Mapping\ClassMetadata;
    use Symfony\Component\Validator\Constraints as Assert;
    
    class User
    {
        public static function loadValidatorMetadata(ClassMetadata $metadata)
        {
            $metadata->addPropertyConstraint('locale', new Assert\Locale());
        }
    }
    

オプション

message

: string デフォルト: This value is not a valid locale

検証対象の文字列が有効なロケール文字列ではなかった場合に、このメッセージが表示されます。

blog comments powered by Disqus