Home | Symfony2Doc »リファレンスドキュメント »TwigBundle 設定 (“twig”)

このページのコンテンツ

前のドキュメント

SwiftmailerBundle 設定

次のドキュメント

MonologBundle 設定

ソース



クイックリンク


コメントリスト

Powered by Disqus

ご質問や翻訳不備等お気軽にコメントください。


コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

Note

  • 対象バージョン:2.3 (2.1以降)
  • 翻訳更新日:2013/11/23

TwigBundle 設定 (“twig”)

  • YAML
    twig:
        exception_controller:  twig.controller.exception:showAction
        form:
            resources:
    
                # 初期値:
                - form_div_layout.html.twig
    
                # 設定例:
                - MyBundle::form.html.twig
        globals:
    
            # 設定例:
            foo:                 "@bar"
            pi:                  3.14
    
            # オプション設定例 簡単な方法は下記です
            some_variable_name:
                # サービスのidは値である必要があります
                id:                   ~
                # サービスを設定するか空欄にします
                # set to service or leave blank
                type:                 ~
                value:                ~
        autoescape:                ~
    
        # Symfony 2.3. で追加されました。
        # 詳細 http://twig.sensiolabs.org/doc/recipes.html#using-the-template-name-to-set-the-default-escaping-strategy
        autoescape_service:        ~ # 設定例: @my_service
        autoescape_service_method: ~ #  autoescape_service オプションとの併用例
        base_template_class:       ~ # 設定例: Twig_Template
        cache:                     "%kernel.cache_dir%/twig"
        charset:                   "%kernel.charset%"
        debug:                     "%kernel.debug%"
        strict_variables:          ~
        auto_reload:               ~
        optimizations:             ~
    
  • XML
    <container xmlns="http://symfony.com/schema/dic/services"
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
        xmlns:twig="http://symfony.com/schema/dic/twig"
        xsi:schemaLocation="http://symfony.com/schema/dic/services http://symfony.com/schema/dic/services/services-1.0.xsd
                            http://symfony.com/schema/dic/twig http://symfony.com/schema/dic/doctrine/twig-1.0.xsd">
    
        <twig:config auto-reload="%kernel.debug%" autoescape="true" base-template-class="Twig_Template" cache="%kernel.cache_dir%/twig" charset="%kernel.charset%" debug="%kernel.debug%" strict-variables="false">
            <twig:form>
                <twig:resource>MyBundle::form.html.twig</twig:resource>
            </twig:form>
            <twig:global key="foo" id="bar" type="service" />
            <twig:global key="pi">3.14</twig:global>
        </twig:config>
    </container>
    
  • PHP
    $container->loadFromExtension('twig', array(
        'form' => array(
            'resources' => array(
                'MyBundle::form.html.twig',
            )
         ),
         'globals' => array(
             'foo' => '@bar',
             'pi'  => 3.14,
         ),
         'auto_reload'         => '%kernel.debug%',
         'autoescape'          => true,
         'base_template_class' => 'Twig_Template',
         'cache'               => '%kernel.cache_dir%/twig',
         'charset'             => '%kernel.charset%',
         'debug'               => '%kernel.debug%',
         'strict_variables'    => false,
    ));
    

Configuration

exception_controller

type: string default: twig.controller.exception:showAction

このコントローラー(exception_controller)はアプリケーション内で発生した例外を処理します。 初期設定の例外コントローラー(ExceptionController)は 受け取ったエラーによって、適用するテンプレートを選択します。 このオプションは上級者向けの設定です。(エラーページのカスタマイズ方法 エラーページのカスタマイズ方法)を参照してください。 例外時の挙動の処理を行う際には、 kernel.exception イベントをキャッチする必要があります。(kernel-event-listner kernel.event_listener)を参照してください。

blog comments powered by Disqus