Home | Symfony2Doc

ソース



クイックリンク


コメントリスト

Powered by Disqus

ご質問や翻訳不備等お気軽にコメントください。


ご注意

Symfony2日本語翻訳ドキュメントは内容が古くなっております。公式サイトの英語ドキュメントを参照してください。

メールをスプールする方法

SwiftmailerBundle を使用してSymfony2 のアプリケーションからメールを送信する際に、デフォルトでは、すぐにメールを送信する設定になっています。しかし、 Swfitmailer とメールトランスポートのコミュニケーションによるパフォーマンス低下は避けた方が良いときもあるでしょう。次のページをロードするのに、メール送信に時間がかかってしまえば、ユーザは待たなければならないですから。この問題を避けるために、メールを直接送信するのではなく、 “spool” を選択することができます。つまり、 Swiftmailer がメールを送信しようとするのではなく、ファイルなどにメッセージを保存します。そして、他のプロセスがスプールを読み、メールの送信の面倒をみます。現時点の Swfitmailer では、ファイルへのスプールのみを対応しています。

スプールを使用するために、コンフィギュレーションを次のようにしてください。

  • YAML
    # app/config/config.yml
    swiftmailer:
        # ...
        spool:
            type: file
            path: /path/to/spool
    
  • XML
    <!-- app/config/config.xml -->
    
    <!--
    xmlns:swiftmailer="http://symfony.com/schema/dic/swiftmailer"
    http://symfony.com/schema/dic/swiftmailer http://symfony.com/schema/dic/swiftmailer/swiftmailer-1.0.xsd
    -->
    
    <swiftmailer:config>
         <swiftmailer:spool
             type="file"
             path="/path/to/spool" />
    </swiftmailer:config>
    
  • PHP
    // app/config/config.php
    $container->loadFromExtension('swiftmailer', array(
         // ...
        'spool' => array(
            'type' => 'file',
            'path' => '/path/to/spool',
        )
    ));
    

Tip

スプールをあなたのプロジェクトのディレクトリ内に保存するには、プロジェクトのルートへの参照ができる %kernel.root_dir% パラメータを使用してください。 :

path: %kernel.root_dir%/spool

これで、あなたのアプリケーションがメールを「送信」すれば、実際に送信するのではなく、スプールに追加されるようになりました。スプールからのメッセージの送信を非同期にすることができるようになりました。そして、次のようにスプール内のメッセージを送信するコンソールコマンドがあります。

php app/console swiftmailer:spool:send

オプションとして送信するメッセージの数を指定することができます。

php app/console swiftmailer:spool:send --message-limit=10

また、秒ごとの送信数を指定することもできます。

php app/console swiftmailer:spool:send --time-limit=10

実際には、このコマンドを主導で実行したいとは思わないでしょう。その際には、 cron ジョブやスケジュールタスクなどを使用してコマンドをトリガーし、定期間隔による実行をしてください。

blog comments powered by Disqus