Home | Symfony2Doc

コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

イベントリスナーとサブスクライバーを登録する

Doctrine は、リッチなイベントシステムをパッケージしており、システム内のほとんどの処理の際にイベントを投げます。つまり、自由に services を作成することができます。そして、 Doctrine に prePersist などのアクションがあったときなどに、サービスコンテナに知らせるようにすることができます。例えば、オブジェクトがデータベースに保存されたときに、その処理とは別に検索インデックスを作成するときなどに便利です。

Doctrine は、 Doctine イベントをリッスンできるオブジェクトの2つのタイプを定義しています。それは、リスナーとサブスクライバーです。両方とも似てますが、リスナーの方がわかりやすくなっています。詳細は、 Doctrine のサイトの The Event System を参照してください。

リスナー/サブスクライバーの設定

イベントリスナーやサブスクライバーとして動作するサービスを登録するには、 tag を参照し、サービスに適切な名前を付ける必要があります。ユースケースに寄りますが、リスナーを全ての DBAL 接続や ORM エンティティマネージャにフックすることができます。また、特定の DBAL 接続やその接続を使用する全てのマネージャにもフックすることができます。 :

  • YAML
    doctrine:
        dbal:
            default_connection: default
            connections:
                default:
                    driver: pdo_sqlite
                    memory: true
    
    services:
        my.listener:
            class: Acme\SearchBundle\Listener\SearchIndexer
            tags:
                - { name: doctrine.event_listener, event: postPersist }
        my.listener2:
            class: Acme\SearchBundle\Listener\SearchIndexer2
            tags:
                - { name: doctrine.event_listener, event: postPersist, connection: default }
        my.subscriber:
            class: Acme\SearchBundle\Listener\SearchIndexerSubscriber
            tags:
                - { name: doctrine.event_subscriber, connection: default }
    
  • XML
    <?xml version="1.0" ?>
    <container xmlns="http://symfony.com/schema/dic/services"
        xmlns:doctrine="http://symfony.com/schema/dic/doctrine">
    
        <doctrine:config>
            <doctrine:dbal default-connection="default">
                <doctrine:connection driver="pdo_sqlite" memory="true" />
            </doctrine:dbal>
        </doctrine:config>
    
        <services>
            <service id="my.listener" class="Acme\SearchBundle\Listener\SearchIndexer">
                <tag name="doctrine.event_listener" event="postPersist" />
            </service>
            <service id="my.listener2" class="Acme\SearchBundle\Listener\SearchIndexer2">
                <tag name="doctrine.event_listener" event="postPersist" connection="default" />
            </service>
            <service id="my.subscriber" class="Acme\SearchBundle\Listener\SearchIndexerSubscriber">
                <tag name="doctrine.event_subscriber" connection="default" />
            </service>
        </services>
    </container>
    

リスナークラスの作成

上記の例では、 my.listener と呼ばれるサービスが postPersist イベントで Doctrine リスナーとして設定されています。このサービスのクラスは、必ず postPersist メソッドを持っており、イベントが投げられたときに呼ばれます。

// src/Acme/SearchBundle/Listener/SearchIndexer.php
namespace Acme\SearchBundle\Listener;

use Doctrine\ORM\Event\LifecycleEventArgs;
use Acme\StoreBundle\Entity\Product;

class SearchIndexer
{
    public function postPersist(LifecycleEventArgs $args)
    {
        $entity = $args->getEntity();
        $entityManager = $args->getEntityManager();

        // perhaps you only want to act on some "Product" entity
        if ($entity instanceof Product) {
            // do something with the Product
        }
    }
}

それぞれのイベントでは、 LifecycleEventArgs オブジェクトにアクセスができ、イベントのエンティティオブジェクトとエンティティマネージャにアクセスすることができます。

重要なこととして、リスナーは、アプリケーション内の 全て のエンティティをリッスンすることを忘れないでください。つまり、エンティティの特定の種類の扱いのみを対象としたければ、上にあるようにメソッド内でエンティティのクラス名を調べる必要があります。例えば BlogPost ではなく、 Product エンティティを対象にしたいときなどです。

blog comments powered by Disqus