Home | Symfony2Doc »クックブック »Varnish を使ってウェブサイトを高速化する方法

このページのコンテンツ

前のドキュメント

ファイルの探し方

次のドキュメント

テスト

ソース



クイックリンク


コメントリスト

Powered by Disqus

ご質問や翻訳不備等お気軽にコメントください。


コンテンツ上部に更新日の記載のないページは、翻訳の内容が2.0相当のものになっております。最新の内容は原文のページをご確認ください。

Varnish を使ってウェブサイトを高速化する方法

Symfony2 のキャッシュは標準的な HTTP キャッシュヘッダを使用しているので、 Symfony2 リバースプロキシ は簡単に他のリバースプロクシに変更することができます。 Varnish は強力なオープンソースの HTTP アクセラレータで キャッシュの利用を速くすることができ、また、 Edge Side Includes のサポートもしています。

コンフィギュレーション

前に見たように、 Symfony2 はとてもスマートで、リバースプロクシが ESI を理解できるか検知することができます。 Symfony2 のリバースプロクシを使用している際には、そのままで動作します。しかし、 Varnish を使用する際には、特別なコンフィギュレーションが必要になります。 Symfony2 は Edge Architecture と呼ばれる Akamai によって作られた標準に従っていますので、たとえ Symfony2 を使っていなくても、この章のコンフィギュレーションのティップスは便利です。

Note

Varnish は ESI タグ(onerroralt 属性は無視されます)の src 属性のみをサポートします。

まず、 Varnish を設定します。バックエンドのアプリケーションにフォワードされたリクエストに Surrogate-Capability ヘッダ追加して ESI サポートを通知してください。

sub vcl_recv {
    set req.http.Surrogate-Capability = "abc=ESI/1.0";
}

そして、Symfony2 が自動的に付与する Surrogate-Control ヘッダをチェックして ESI タグがあるときのみレスポンスの内容をパースするように Varnish を最適化します。:

sub vcl_fetch {
    if (beresp.http.Surrogate-Control ~ "ESI/1.0") {
        unset beresp.http.Surrogate-Control;

        // for Varnish >= 3.0
        set beresp.do_esi = true;
        // for Varnish < 3.0
        // esi;
    }
}

Caution

ESI での圧縮は Varnish のバージョンが 3.0 より下であるとサポートされていません( GZIP and Varnish を参照してください)。使用している Varnish のバージョンが 3.0 より下の際には、圧縮を使用するために Varnish の前にウェブサーバを用意してください。

キャッシュの無効化

キャッシュデータは、 HTTP キャッシュモデルでネイティブに使用しているので、無効化する必要は全くありません。詳細は Cache Invalidation を参照してください。

指定したキャッシュを無効化する Varnish の特別な HTTP PURGE メソッドを受け取ることができるような設定も可能です。

sub vcl_hit {
    if (req.request == "PURGE") {
        set obj.ttl = 0s;
        error 200 "Purged";
    }
}

sub vcl_miss {
    if (req.request == "PURGE") {
        error 404 "Not purged";
    }
}

Caution

誰かがランダムにキャッシュデータをパージしないように PURGE HTTP メソッドは保護してください。

blog comments powered by Disqus